歯の健康から体を守る歯科治療

削らず治すー。虫歯菌を殺菌し、歯を残す最新治療法

歯を失う大きな原因となる虫歯。生涯健康な歯でいられるように、
当院では、できるだけ削らず治す虫歯治療を実践しております。

虫歯を治すことは、生涯の健康を考えることと同じことかと思います。
歯科医師として、痛みからの解放から噛む喜びまで、年齢を重ねても健康を維持できるような将来見据えた歯科治療を実践していきます。

虫歯の発生する原因から考え、予防などの歯磨きや食事指導、生活習慣の改善による提案や定期健診、虫歯の発生を最小限に留める治療を目指しております。
神経を抜くと歯の寿命が短くなると言われています。神経を取った後、再発して痛みや腫れが生じた時には歯を抜くこと可能性も高いです。
虫歯の治療で、歯を削り、抜くという治療方法では、生涯健康な歯を維持することができなく、様々な心疾患にかかりやすくなります。

当院では、「80年間健康な歯を維持する」ことを目標として、治療に臨んでおります。虫歯もできる限り削らず、神経を残し、積極的な予防方法も併せて患者様の生涯に合わせた治療を行います。
ミネラルで殺菌し、神経を残す
ドックスベストセメントを歯に詰めると、虫歯菌に感染していた部分は、無菌化され、再石灰化(再生)して虫歯を治療していく方法です。
歯を削らず、抜かず、痛みのない治療が実現でき、歯の神経を残すことができるので、生涯長く健康な歯でいられることができます。
削らず、抗生物質で虫歯を治す
通常の虫歯治療は、患部を削り、詰め物をして金属をかぶせるのが一般的ですが、細かい部分に潜んでいる菌が残っている場合があり、再発することがあります。
3種類の抗生物質を混ぜた薬剤で虫歯菌にアプローチすることで、細かな部分の菌にも対応でき、歯を削らず、再発防止が実現できます。

ドックスベストセメントと3mix法による虫歯治療を実践することで、歯にやさしく、歯の寿命が長くなります。